インフルエンザの奮闘と救世主タミフル

高熱や関節痛を治療するタミフルの使用方法について

タミフルはインフルエンザ治療薬であり、体内でインフルエンザウイルスの増殖を抑える効果のある薬です。この作用によってインフルエンザの症状が激化するのを防ぎ、また高熱などの症状が出る時間を短くすることができます。これらの効果を得るためには、インフルエンザウイルスが増殖していく間に薬を飲む必要があります。急激な発熱や全身の悪感、関節痛などインフルエンザの症状が出てから48時間以内に服用することが必要であり、それより後になってしまうと効果があまり期待できない状態となります。またインフルエンザA型とB型に有効であり、C型やその他の感染症などには効果がありません。そのためタミフルを処方する場合には、インフルエンザの型を判別するための検査を行う必要があります。検査は医師の問診の後に鼻の奥の粘膜を綿棒で取り、インフルエンザウイルスの型を判定するキットで判定します。タミフルの使用方法は、成人の場合は1日2回、1回につき1錠を服用し、4日ほど服用を続けます。幼児の場合はドライシロップ剤の形で体重換算で処方され、こちらも1日2回、1回につき1包を服用し、3日から5日間服用します。またタミフルにはインフルエンザ予防薬としての使用方法もあります。この場合は、1日1回、1錠を1週間服用し続けることで予防効果を持ち、また罹患してしまった場合にも症状が軽いもので済みます。免疫力の低下している高齢者やどうしても休むことができない受験生などに多く利用されています。インフルエンザに対して効果の高いタミフルですが、副作用も報告されています。腹痛や下痢などのほかに、発生頻度は不明ながら10代の患者の服用で異常興奮衝動などが見られたことも記録されています。タミフルに限らず、薬には意図しない効果の副作用が出る場合があるので、服用で異常が見られた時には早めに医師に相談することが大切です。