インフルエンザの奮闘と救世主タミフル

タミフルの薬名と病原体に対する作用の仕方について

インフルエンザの症状が出て病院に行くと、よく処方される薬に「タミフル」と呼ばれるものがあります。インフルエンザが流行するシーズンになると多くの人が一度は見聞きすることになる薬の名前ですが、実はタミフルは製品の名称で、薬名は「オセルタミビル」といいます。
オセルタミビルが病原体であるインフルエンザウイルスに対してどのように作用するのかを知るには、まずインフルエンザウイルスが体内でどのような働きをしているかを把握しなければなりません。空気中に漂っているインフルエンザウイルスが呼吸によって体内に取り込まれると、気道にある粘膜に吸着することによって細胞内に侵入し、自身が持っているウイルス遺伝子を細胞内へ放出します。その後、ウイルス遺伝子は細胞の核内へと移動しますが、この時核は一緒に移動してきた酵素の働きによってインフルエンザウイルスの生成に必要な遺伝子やタンパク質をつくりだすようにプログラムされ、これによりインフルエンザウイルスを大量につくりだすようになります。新たにうまれたウイルスは細胞から飛び出して別の細胞に侵入していき、同じように細胞内でウイルスをつくりだしていきます。これが繰り返されることで体内に広がっていき、やがて高熱や頭痛などといった症状があらわれるようになります。
オセルタミビルはノイラミニダーゼ阻害薬と呼ばれる医薬品の一つです。ノイラミニダーゼはインフルエンザウイルスの表面に付着しているタンパク質の一つで、細胞内で生成されたウイルスが外へ飛び出す際に重要な働きを示しますが、阻害薬が体内に投与されるとこの働きが阻害され、インフルエンザウイルスを細胞内に閉じ込めることができます。細胞から出られなくなったウイルスは細胞の表面で死滅するため、インフルエンザウイルスの増殖は抑制され、やがてウイルス感染によって生じた諸症状が緩和されていきます。